がんの種類として|メニエール病の実態|ストレスは万病のもと

メニエール病の実態|ストレスは万病のもと

医者

がんの種類として

お腹を押さえる女性

日本人に多いがんの種類

日本人の多くが患ってしまうがんの種類には、胃がん・大腸がん・肺がんなどが挙げられます。その中でも胃がんに侵される患者の数は非常に多くなっています。胃がんは、早期に発見すればそるほど怖くはない種類なので、いかに早期発見するかによって闘病生活の度合いが変わってくるのです。がんの早期発見にとても有効な手段としては、がん検診を定期的に受けることや、定期的な健康診断で胃カメラ検査を受けるなどがあります。胃がんに関しては、胃カメラ検査を受ける方法は非常に有効な手段となっており、定期的に検査を受けていれば、もし胃がんが発症した場合でも比較的早期に発見できる確率が非常に高くなるのです。胃カメラの検査には、口からカメラを挿入するものと、鼻から挿入するものとがあります。鼻から挿入する検査方法では、口からのものよりも嫌悪感が少ないことが多く、こちらの検査方法を希望する方が多くなっています。

がんの原因

日本人に多く見られるがんの種類の「胃がん」は、様々な要因によって発症してしまいます。要因としては、食生活の乱れや不規則な生活、カフェインの取りすぎやお酒の飲み過ぎ・喫煙などがあります。また、胃炎や胃潰瘍などの他の胃の病気から、胃がんへと発展することも多くあります。そのため、胃の不快感を感じたら、放っておかずにすぐに病院へいって診察してもらうようにしましょう。胃がんの要因ともなる胃炎や胃潰瘍は、ある細菌が大きく関わっていることが判明しました。その細菌とは「ヘリコバクター・ピロリ菌」というもので、この細菌が体内にいると胃炎や胃潰瘍・胃がんに侵されてしまう確率が非常に高くなってしまうのです。ヘリコバクター・ピロリ菌は、病院で簡単に検査を受けることができ、もしも陽性だった場合には除去治療を受けられますので、早めに検査を受けておくとよいでしょう。健康診断などで病院へ行った時に、ピロリ菌検査を希望すれば一緒に行ってくれる病院も多くあります。