社会的入院を少なくする|メニエール病の実態|ストレスは万病のもと

メニエール病の実態|ストレスは万病のもと

医者

社会的入院を少なくする

患者とナース

訪問看護ステーション

現在は高齢者は病院に入院して、治療を行うことが当然になっています。家庭で介護をしてくれる人がいないという理由から、社会的な入院をしている人も世田谷区では少なくはありません。医療費の増加から入院の必要がない患者は、在宅で診療する必要があるという考えのもとで、往診とは別に通院困難な患者の同意を得て、計画的な管理のもとで定期的に訪問して診療を行う在宅医療が認められました。居宅において管理や看護を行っていく訪問看護サービスが認められて、老人訪問看護ステーションが設置されることになり、在宅医療が進められています。世田谷区でも在宅医療を行っている、内科の病院もあります。在宅医療は入院をする代わりに自宅で診療を行っていきます。

福祉機関との連携

訪問看護ステーションを設けて、在宅医療を専門としている病院も世田谷区にはあります。患者や家族が安心して在宅医療を受けられるようにするために、入院してから退院したのちも、医療に継続性を持たせて、患者に必要になってくる介護も援助していく必要が出てきます。入院から在宅医療へ、在宅医療から入院へとその場の必要に応じて医療や福祉機関の密接な連携が大変に重要なことになります。世田谷区にある在宅医療の専門病院では、病院と福祉関係の連絡をこまめに取り合って、スムーズに診療を行っています。在宅医療を持続させていくためには、各種の援助サービスを効率的に利用することが重要で、これらのサービスをうまく運用している病院も多くあります。